2011年2月アーカイブ

2011年2月活動日誌

| コメント(0)

2月活動日誌

 

 1日 ■ 地元街宣活動:泉交差点
    ■ 社民党金沢四役会:市役所
 2日 ■ 児童養護施設の現状等聞き取り
 4日 ■ 教え子後援会準備会
 5日 ■ 長田中の会
 6日 ■ 石川県音楽文化協会合同新年互例会:ニューグランドホテル
 7日 ■ 社民党の声:泉野
    ■ 循環型社会形成特別委員会
 8日 ■ 金沢退職教職員の会
 9日 ■ 地元街宣活動:泉交差点
    ■ 金沢退職女性教職員の会
    ■ 社民党県連常任幹事会:県連事務所
    ■ 県教組金沢支部委員会
10日 ■ 建設委員会
    ■ 清風連帯会派議員団会議
    ■ 連合石川との懇談会
    ■ 社民党金沢選対委員会,常任幹事会
    ■ 労働金庫労組会議
11日 ■ 県教組委員会
    ■ 盛本よしひさ後援会事務所開き:弥生
    ■ 建国記念日を考える市民集会:生涯学習センター
    ■ 聖戦大碑撤去の会事務局会:こうや
12日 ■ 教え子後援会幹事会
13日 ■ 泉野図書館「らいぶらりぃかふぇ」出演:泉野図書館
14日 ■ 支援組合訪問

15日 ■ 社民党の声:石引
    ■ H23予算議員説明会
16日 ■ 志賀原発2号機トラブル手動停止等に係る申し入れ:原子力安全対策室
18日 ■ 県教組事務職員部引き継ぎ会
    ■ 県教組河北支部金沢在住者集会:津幡町
19日 ■ 森一敏後援会事務所開き
    ■ 金沢大学竹糸会追い出しコンパ:KKRホテル金沢
20日 ■ 「尺八の声を聞く会」盛本芳久を囲む会:アートシアター

    ■ 社民党金沢選挙対策会議
21日 ■ 社民党の声:兼六園下,田井町
22日 ■ 石製連連絡協議会:教育会館
    ■ 全農林討論集会:教育会館
23日 ■ 県議会2月定例会 知事提案,予算特別委員会
    ■ 県教組金沢支部政策制度委員会
24日 ■ 県教組事務職員部引き継ぎ会
    ■ 社民党地方議員団会議,選対会議:労済会館
    ■ 高教組拡大県委員会:地場産業センター
25日 ■ 県議会代表質問
    ■ 県教組青年部引き継ぎ会
    ■ 県教組石川支部金沢在住者集会:松任労働会館
    ■ 野町弥生消防協力会総会:消防会館
26日 ■ 山本由起子後援会事務所開き
    ■ 県教組青年部員と語る会:教育会館
27日 ■ 浅野川中学校「ほのおおの会」
28日 ■ 社民党金沢全員集会:労済会館

2月19日森一敏事務所に続き,26日山本由起子後援会事務所が開設されました.これで盛本・森・山本3人の市政連(金沢市民主教育政治連盟)議員の後援会事務所が揃いました.

県議会議員選挙まではあと44日,市議会議員選挙までは58日と最終盤の戦いになっています.たくさんの献身的スタッフの協力によってこれまでのとりくみが展開されてきました.感謝するばかりです.県も市も激戦です.悔いのない戦いとするため,残す日々全力投球です.

支援者宅訪問,集会,週2回の街頭演説,がんばります!

2月23日から3月15日の日程で定例会が開会しました.今議会はもちろん来年度予算の審議が中心です.予算案に小学校3,4年生への少人数学級拡大が提案されています.保護者,学校現場の願いが実現することとなります.

国は来年度予算で小学校1年生の学級定員を40人から35人に改善する定数法改正案を提案しています.ようやく一歩前進というところですが,まずは喜びたいと思います.

石川県では国が増員した加配教員を利用し少人数学級を選択することができる方式で小学校1,2年生の35人学級を実施してきました.これが2005年からです.また,2008年からは中学1年生も35人学級を選択できるようになっています.そして,今回の提案で,来年度2011年度,小学校3,4年生にもこの方式を拡大することとしたのです.

議場での訴えが執行部や議員の賛同を得られたと理解したいと思います.もちろん,各種教育団体や学校現場,保護者,教職員組合みんなが望んでいたことであり,このような声が結集したことがこの前進につながりました.

国には,早急に小中高全学年での35人学級を制度化していただかねばなりませんし,小学校低学年については,ヨーロッパの常識である,さらに少人数の30人の上限とすることも望まれるところです.

議員2年目の2004年,視察で訪れたデンマークの学校で,「日本の教員が教育のプロなら,40人の学級規模で十分な教育なんかできないとはっきりと言わないといけない」と一蹴されたときのことを思い出しましたが,まだまだそこまではいっていません.訴えは続きます.

 2月13日の午後,泉野図書館「らいぶらりぃ・かふぇ」に出演しました.今回はお話朗読のグループ「和ぼっこ」,そしていつものもの語り人・本田和さん,松橋文幸さんとの共演です.

 50人余りのお客さんを前に,古典の朗読とのコラボレーションを行いました.平家物語,枕草子,竹取物語,徒然草,方丈記,源氏物語,奥の細道それぞれの有名な一説の朗読に尺八が加わり,つなぎとバックを務めるというものです.
 尺八コーナーでは,津軽地方伝来の本曲「下がり葉」を演奏しました.110213ライブラリィカフェ.jpg

 これまで,玉川子ども図書館,県立図書館,根上図書館などで演奏やコラボを行ってきましたが,図書館を訪れる皆さんは,言葉に大きな興味を持っていると同時に音への集中も強いように思います.
 今回も心地よい緊張感の中ステージに立つことができました.いろいろと多忙な毎日の中ですが,この活動も今後とも続けていきたいと思います.

らいぶらりぃ・かふぇ http://www.lib.kanazawa.ishikawa.jp/izumino/lc/wabokko.pdf