2010年2月アーカイブ

2010年2月活動日誌

| コメント(0)

2月

 1日 ■ 県議会2月定例会開会,知事議案説明,予算特別委員会説明

 2日 ■ 社民党金沢「社民党の声」:石引,兼六園下

    ■ 陸上自衛隊金沢駐屯地からの日米合同演習参加反対申し入れ

         平和運動センター・社民党:野田駐屯地

    ■ Y通信編集会議

 3日 ■ 県議会代表質問

    ■ 市政連議員と語ろう会:明成小学校

 4日 ■ 拳教組金沢支部委員会

 5日 ■ 県議会一般質問

 6日 ■ 連携セミナーKANAZAWA・にほんの里から世界の里へ:音楽堂

    ■ 東北アジアの和解と友好を考える平和集会

         蓮池透氏講演「拉致問題の解決を求め続けて」:教育会館

    ■ 奥田きくこ・藤井肇小品展,

            天籟舎コンサート鑑賞:ギャラリー「椋」

 7日 ■ 森一敏後援会もりもり大新年会:KKRホテル金沢

    ■ 石川県音楽文化協会合同新年互礼会:ニューグランドホテル

 8日 ■ 県議会一般質問(盛本質問)

    ■ 教育総研地域教育部会:教育会館

 9日 ■ 2月補正予算議員説明

10日 ■ 県議会予算特別委員会

    ■ Y通信発送作業

11日 ■ 「紀元節」を考える市民集会・半沢英一氏講演

       「韓国併合百年の建国記念日に問う『坂の上の雲』」:教育会館

12日 ■ 社民党県・市議団 上山町土砂崩れ現場視察:土砂崩れ現場,採石場

    ■ 県教組を支える会幹事会

    ■ 長田中の会

13日 ■ 谷本正憲後援会事務所開き

    ■ サタデー「社民党の声」:香林坊

    ■ 県教組委員会

    ■ 古田秀雄さん(前七尾市議)を囲む会:七尾市「番伊」

14日 ■ 山本由起子「ゆきこ新春パーティー」:白鳥路ホテル

    ■ 語り・ギター・尺八コラボ:野々市「クラプトン」

15日 ■ 総務企画委員会

    ■ 県議会追加議案知事説明

    ■ 社民党県連合街頭宣伝:武蔵が辻,香林坊

16日 ■ 県議会追加一般質問

    ■ 県政懇談会:ANAクラウンプラザホテル金沢

17日 ■ 総務企画委員会

    ■ 市政連議員と語ろう会:南小立野小学校

18日 ■ 新幹線整備関係議員の会準備会:会派執務室

    ■ 県教組能美支部委員会

19日 ■ 県議会討論・採決・閉会(盛本討論)

    ■ 社民党支援労組会議:県連事務所

20日 ■ 尹奉吉義士共の会理事会:教育会館

21日 ■ 県知事県政報告街宣:香林坊,武蔵が辻

    ■ 県議会総括会

22日 ■ 社民党金沢「社民党の声」:東長江,神谷内

    ■ 社民党県連合常任幹事会,議員団会議:労済会館

    ■ 社民党金沢常任幹事会:県連事務所

23日 ■ 県教組憲法学習会・石川多加子氏講演:小松市民センター

24日 ■ 笛と尺八二人会打ち合わせ会

    ■ 犀川河川整備計画について河川課より説明受ける:県庁

    ■ 市政連活動報告会

    ■ 野町・弥生消防協力会総会

25日 ■ 県知事選・谷本正憲必勝祈願祭,出陣式:尾山神社

    ■ 社民金沢選対会議:県連事務所

26日 ■ 市政連議員とかたろう会:田上小学校

    ■ 神本美恵子さんを囲む会

27日 ■ サタデー『社民党の声』:香林坊

    ■ 教育労働研究会:湯涌

 

 

 

市政連報告会写真1002.jpg 石川県教育会館で金沢市民主教育政治連盟主催の活動報告会を開催しました。

 政治団体登録されたこの「市政連」に所属する3人の議員[盛本芳久:県議,森一敏・山本由起子:金沢市議]から議会内外の活動について報告が行われました。例年は2回開催していましたが,今年度はこの1回となりました。

 私は,先日閉会した県議会定例会の質問を中心に,政権交代以降の各党派の議会での動きや最近の視察内容について報告を行いました。

 議会においては,自民党会派が独自性をアピールしようと右傾化し各種の意見書を提出し,多数を力に採択を行い国に圧力をかけています。市政連に関わる教育関係では,「悉皆方式による全国学力・学習状況調査の継続を求める意見書」,「教員免許更新制の存続を求める意見書」の採択です。このような議会内の動きは県民の思いを反映しているとは思えません。

 また,地方公務員法や人事委員会勧告にもとづく県職員の勤務時間短縮に関する条例も,意味のない時間と経費を無駄に使う継続審査や臨時議会の開催を行うなど,これも党利党略で県民の意見とは離れているものです。

 報告会参加者の皆さんに,このような実態を知っていただくことも重要だと考えています。国の政権交代は実現しましたが,地方での市民重視の政治実現は厳しい道が待っています。しかし,これを変えていかないと,地域主権は大変危うい方向に行くとも考えれれます。
 さまざまの場で議会報告を開催しながら,多くの市民の意見を聞いていきたいと思います。 

 石川県議会2月定例会が,2月19日閉会しました。今年の2月定例会は,知事選の年であるため日程が早くなっていました。

 今議会の主な議題は,平成22年度(2010年度)予算であることは言うまでもありません。雇用経済対策を第一の柱に,交流人口の拡大や,少子化対策などに配慮したものです。

平成22年度当初予算主要事業http://www.pref.ishikawa.jp/zaisei/data/yosangaiyou/h22yosan/tousyo/syuyoujigyou22.pdf

 税収の落ち込みが,昨年当初予算から200億円となっています。昨年度は一昨年度より220億円の減となっていましたから,2年間で400億以上の税収減となっている厳しい財政状況下での予算となったわけです。ここには,エコカー減税の影響なども含まれています。車業界や新車購入者にとってはよい減税であったのかもしれませんが,県の台所から考えれば果たして良かったのかとの疑問は残ります。

 知事選後には,投資的経費等の補正予算が組まれていくことになります。ここにもしっかりと注目し,一般の生活者のための予算となるようにチェックしていきたいと思います。

 さて,今回の議会で問題となった議案第22号公務員の勤務時間短縮は,継続審議となりました。
地方公務員法に基づいて行われた人事委員会勧告を受け条例改正をしなければならないにもかかかわらず,「公務員を甘やかすな」というメッセージを出して,独自色を出したかった自民党が,収拾できなくなって出した最後のつじつま合わせでないかと思われます。

 私は,会派を代表して継続審議の反対討論を行いましたが,自民党の賛成で継続審査が決まりました。まさに,数の力による議会の私物化でしかありません。

 反対討論は,次のとおりです。 

 2月12日, 金沢市上山町で発生した土砂災害(1月22日発生)の現場を視察しました。

上山町1.jpg 崩壊斜面と避難住民の家屋,閉鎖されている道路,そして,大型土嚢による応急の対策の現場,そして,上部の採石場の状況,今後の崩壊を察知するための設備等を視察しました。

 採石行為については,森林の開発と採石行為の両方とも県の認可が必要であり,これまでに数度の更新を繰り返しながら11年余り行われてきました。
 樹木が伐採され,保水力をなくしたこの土地に雨が降り,雪が積もり融ける,これが繰り返されることによって斜面の土地が緩んでくるのではないか,一般にはそのような思いになるのですが,県の説明は,斜面は採石場所ではないことや,雨水の排水は斜面の反対側に流していることなどから,採石と崩壊の関係はないと説明がなされました。

 視察後の2月15日,県はこの土砂崩れについて,議会各委員会において融雪と雨による自然災害との見方を示しました。この崩壊斜面上部にある戸室石採石場の採石行為との因果関係については否定的見解を示しました。この後の本会議一般質問でも同様の見解を示しています。

 災害後の住民に対する対応や復旧への着手は迅速に行われたと聞きます。今後の原因究明と適切な復旧工事の完了によって,避難している市民の皆さまの安全な生活が確保されるよう努力することが最も重要なことですが,県が行っている金沢城復元などに使われる戸室石の採石場でもあり,この現場との関係については,しっかりと納得できる説明を今後も求めていきたいと思います。

上山町2.jpg  上山町3.jpg

上山町4.jpg

hannzawa.jpg 「聖戦大碑撤去の会」は,建国記念の日の2月11日,「紀元節」を考える市民集会を開催しました。

 今年は,金沢大学の半沢英一さんの講演,半沢さんは最近「雲の先の修羅(坂の上の雲批判)」を出版されました。

 現在NHKテレビで司馬遼太郎の「坂の上の雲」のドラマが放送されています。この「坂の上の雲」は今までに約2000万部が販売されたといいます。国民的歴史小説と評価されることもあります。そして,この小説の中心には,「日露戦争は祖国防衛の戦争であった。」「日本が帝国主義,植民地拡大へと突き進んでいくのはこの後からだ」という基本的な思想があります。

 しかし,このような認識は間違っている,あるいは意図的に歴史を作り上げている,というのが半沢さんの主張です。著書ではこのことが,日本と朝鮮に関わるいくつかの歴史的事実をもとにして丁寧に解説されています。
 そして,いま韓国併合100年のこのとき,なぜNHKで「坂の上の雲」なのかということも,考えなけれ hannzawa-s.jpgばならないと訴えています。

 愛読書としている人も多くいるこの司馬遼太郎の著書を,小説としてではなく,歴史書として錯覚されることを問題としながら,分析批判するということ,今の「坂の上ブーム」の中ではKYと言われるかもしれませんが,だからこそ大事だと思います。
 日本人というアイデンティティを求めようとする者がこの「坂の上」に救いを求め,このことがまたもや日韓・日中の友好関係を築こうとする流れに逆行していくことは止めなければなりません。

講演レジメ  半沢講演レジメ.pdf

半沢英一 著 『雲の先の修羅』 http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAY97929/

半沢書評.jpg

▼ 10.3.21 北陸中日新聞

 恒例の石川県音楽文化協会新年互礼会が開催されました。

R0010116s.jpg 琴古流尺八で加盟している石川県三曲協会の会員として例年参加しています。三曲関係のお琴・三味線の先生方や各種音楽団体のかたがたにお会いし,楽しい時間をすごしました。

 しかし,来賓の知事・国会議員・県会議員は次々と早退,最終的には来賓テーブルには私だけとなってしまいました。皆さん本当に忙しいんだなあ。

 石川県平和運動センター主催の「東北アジアの和解と友好を考える2.6平和集会」が2月6日石川県教育会館で開催されました。

R0010102s.jpg

 北朝鮮に拉致された蓮池薫さんの兄である蓮池透さんの講演が行われました。1997年から家族会の事務局長を,2005年から2007年まで同会の副代表を務めました。

 2002年の小泉首相訪朝で,北朝鮮による日本人拉致があきらかになり,被害者5人とその家族が帰国・来日しました。しかし,それ以降拉致問題は膠着状態です。
 拉致された人々を救うには何をすべきか,人権の視点に立って,また,北朝鮮の側の考えにも思いを巡らし,本当の解決のための提言がなされました。
 拉致問題に関しては,偏狭なナショナリズム,北朝鮮蔑視と攻撃的な風潮がこの日本にある中,あえて,このようなアピールを行っている蓮池さんの深い人権感覚に動かされました。

 平和運動センターチラシ

http://www.ishikawa-heiwa-center.gr.jp/Action/100206tirasi.pdf

講演レジメ 「拉致問題の解決へ向けて」 蓮池 透

  蓮池1.pdf  蓮池2.pdf  蓮池3.pdf  蓮池4.pdf

藤井肇氏の作品を久々に鑑賞 R0010104s.jpg

 

ギャラリー椋で開催

同時に「天籟舎」のコンサートも開催

 寺本拳嶺さんの薩摩琵琶
 戸水胤山さんの都山流尺八
 羽柴尚典さんの横笛   

 

R0010111s.jpg 

 里山里海と生物多様性を学ぶセミナー「日本の里から世界の里へ」が6日に開催され,午前中の日本の里100選の中の地域8か所からの現地報告がありました。

里山セミナー1.jpg

里山セミナー2.jpg   

 

R0010081s.jpg 生物多様性条約事務局長アフメド・ジョグラフ氏

R0010097s.jpg 山口県祝島の報告「上関原発いらない!」

R0010100s.jpg  

  日本には,さまざまな里があります。里山,里海,浜,島などです。

 今回のセミナーで印象に残ったのは,その離島である山口県祝島からの現地報告です。
 この島では1100年前からの祭りが4年に1回今でも行われています。そこで豊かな人間のつながりが継続されています。一方,この離島で暮らすために人間の営みを変えてきた歴史もあります。化学肥料が多く必要なミカン栽培を,自然の力で育てることができるビワにし,島の産業に位置付いて来たといいます。持続可能な島を,このように何かを変えることで実現しているということです。

 しかし,この島の目と鼻の先に,上関原発の建設が計画されているというのです。まったくどちらの方が人間の知恵があるのか,答えははっきりしているでしょう。

 他の7つの地域の報告も,今人間がやるべき生き方,地域の作り方のいくつかの形を示していたのではないかと思います。石川県も里山・里海をテーマに生物多様性確保のとりくみを進めています。大いに参考となるセミナーでした。

 2月2日,県ならびに市平和運動センター,社民党は,陸上自衛隊金沢駐屯地第14普通科連帯の米軍海兵隊との合同演習参加を中止する申し入れを行いました。

 金沢駐屯地からの参加は初めてとなります。実際の戦場で,戦闘を行ってきた米兵から実弾などを使った銃器を使用する実践訓練を受けると思われます。まさしく,日米一体となった戦争のための訓練としての軍事演習が行われるのです。

1002rikuji.jpg 今日は平和運動センターと社民党から,11名が参加し,申し入れを行いました。しかし,敷地内へ入ることは許されず,冷たい雨の中,門の前での申し入れ文書の手渡しだけとなりました。また,予定されている演習の内容や規模などについての質問に対しても,対応した指令の代理はコメントすることはありませんでした。
 敷地内で広報担当が不十分ではあるが対応する小松基地とは大きな違いがあります。また,自衛隊の文民統制が重要視されている今日,今日の対応はあまりに理不尽といわなければなりません。このことも伝え,内容が明確になった時点での再度の話し合いを要求して今日の行動を終えました。

 政権は交代し,沖縄の米軍基地の返還問題も解決していこうとしている最中,それに逆行し憲法9条を全く無視するような防衛省・自衛隊の動きには断固として反対の意思を示していきたいと思います。

  陸自金沢合同演習反対申し入れ.pdf

sinnsyun1.jpg 1月31日,ANAクラウンプラザホテル金沢で,「盛本よしひさ連合後援会総会・新春交歓会」を開催しました。100人を超える参加者の皆様から暖かい激励の言葉を頂きました。

 第1部の総会では,「わい・がやセッション」の継続や,議会ごとの反省会への呼びかけなど本年の活動計画が松橋事務局長から報告があり,承認されました。そして,スライドを使い1年間の活動報告を行いました。

sinnsyun3.jpg 第2部は,庄田後援会長のご挨拶,来賓の谷本知事,奥田・田中衆議院議員からお祝いの言葉を頂きました。福田顧問(前会長)の発声で乾杯の後,にぎやかに新春の交流が繰り広げられました。
 イベントは知人でギタリストの谷内直樹さんの「禁じられた遊び」と「アルハンブラの思い出」の定番2曲,そして,教職員組合の執行部のみなさんの企画でゲームを行い,豪華賞品をめぐって大いに盛り上がりました。

sinnsyun5.jpg 皆さんとの語らいでは,3期目は危ない,気を抜いたら落選だ。何人もからお話がありました。橋爪義守前県議,藤井肇前県議いずれも3期目に苦杯をなめています。もちろん私も,藤井肇さんの選挙の中心組織にいたわけですからよくわかっています。あのときの悔しさは忘れることができません。
 我がことのように心配していただき,忠告をいただけることに感謝以外ありません。sinnsyun2.jpg
 飛び入りで思いを語っていただいた太田功さんのお話には私も感動し,思わず背筋が伸びました。

 知人の石川金大准教授から参加者を代表して花束をいただき,新保副会長のご挨拶で会を閉じました。忙しい中駆けつけていただいた,地域の皆様,知人・友人,教え子,教職員の方々,ありがとうございました,今年もよろしくお願いいたします。

sinnsyun4.jpg 教職員組合の青年部の面々も元気に場を盛り上げていただきました。若さは,何物にも代えがたいと改めて感じました。青年教師が意欲を持って教育に打ち込めるようにすることも私の仕事です。

  

 お土産の,野町西茶屋街にある「かわむら」の甘納豆は大好評でした。

 それから,受付で販売した雑誌「ビッグ・イシュー」も26冊売れました。今後ともご愛読を!

2011年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
△ 盛本よしひさWebサイト


2009.3.27countup